• 【税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして59年の実績がございます。】

お役立ち情報

平成25年1月以降の源泉徴収税額が変わります!

 

さて、東日本大震災に伴う復興特別所得税の施行により、平成25年1月1日以後に生じる所得税について2.1%が追加的に課税されます。これにともない、事業者の皆様におかれましては、給与、賞与、退職金、配当金や報酬・料金などの支払に係る源泉徴収税額の算定方法が下記のとおり変更となります。お間違えのないようご注意ください。

[改定内容]
■ 給与、賞与の源泉徴収税額
平成25年1月1日以降の給与のお支払については、平成25年分以後の源泉徴収税額表に基づいて源泉徴収を行ってください。(平成25年分以後の源泉徴収税額表は税務署より年末調整のお知らせとともに送付されてくるかと思いますが、もし、送付されてこないようであれば第一経理にご連絡ください。)
■ 報酬料金の源泉徴収税額(弁護士、講演料、設計士、原稿料等)
平成25年1月1日以後に生じる対価について、復興特別所得税として所得税額×2.1%が追加的に課税されます。(平成49年12月31日までの25年間)
これにともない、以下の税率で源泉徴収することとなります。

100万円以下の部分 100万円を超える部分
平成24年12月31日まで(従来) 10% 20%
平成25年1月1日~ 10.21% 20.42%

※平成25年1月1日以降に支払う報酬料金でも、平成24年12月31日以前の所得(役務提供)に係るものについては、従来の税率で徴収して下さい。

(例1)講演料として、100,000円を支払う場合
○平成24年12月31日までの対価に係るもの
100,000円×10%=10,000円
○平成25年1月1日以降の対価に係るもの
100,000円×10.21%=10,210円

(例2)設計料として、1,200,000円を支払う場合
○平成24年12月31日までの対価に係るもの
① 1,000,000円×10%=100,000円
②(1,200,000円-1,000,000円×20%=40,000円
③ ①+②=140,000円
○平成25年1月1日以降の対価に係るもの
① 1,000,000×10.21%=102,100円
②(1,200,000円-1,000,000円)×20.42%=40,840円
③ ①+②=142,940円

(例3)原稿料について手取り契約で100,000円を支払う場合
○平成24年12月31日までの対価に係るもの
① 原稿料
100,000円(手取り)÷0.9=111,111円(1円未満端数切捨)
② 源泉徴収税額
111,111円-100,000円=11,111円
○平成25年1月1日以降の対価に係るもの
① 原稿料
100,000円(手取り)÷0.8979=111,370円(1円未満端数切捨)
② 源泉徴収税額
111,370円-100,000円=11,370円

ご不明な点がございましたら、第一経理までお気軽にご連絡ください!

(税理士 齋藤 正広)