• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理からのお知らせ

「三十条の言い分」 第一経理ニュース2017年1月号より

 

 「人の不幸を踏み台にするのか」これは読売新聞の社説の見出し。カジノ解禁推進法案を批判・反対するものです。全新聞が珍しく一致して反対・慎重論を唱えています。
 臨時国会の会期を14日間延長してまで政府が上程した法案は、国民にはありがたくないものばかり。いったい誰のための政治なのでしょう。
 TPP(環太平洋連携協定)承認案・関連法案、年金カット法案、そしてカジノ解禁推進法案。次々に強行採決で成立しています。
 カジノはもともと刑法で賭博罪として禁止しているものを合法化しようとするもの。国際観光・地域振興、税収増を図るとして統合型リゾート(IR)を建設するとしています。
 賭博でもうけたあぶく銭をあてにした経済政策は不健全極まりない。また、すでに日本は、パチンコなどのギャンブル依存症が500万人を超え、人口当たりの有症率は世界最悪という調査結果もあります。
 私たちは後世に禍根を残さぬためにも、国民のための政治を取り戻さなければと思います。選挙で意思表示を。それは私たち国民の責務です。     

  (紫)