• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

会社案内

代表挨拶

税理士 齋藤 正広

株式会社第一経理 代表取締役 千葉秀蔵

株式会社 第一経理 代表取締役
税理士法人 第一経理 代表社員

第一経理は昭和29年に設立、60年を超える歴史を刻むことができました。

これもひとえに皆様方の温かきご協力とご支援の賜と厚く御礼申し上げます。

創業の時からの理念である、納税者の権利を守り、中小企業と国民を大事にする税制を目指すこと、そして、中小企業経営の成長と発展を支援する事業を、多くの方々や団体と連携・協同しながら展開してきました。

いま、多くの中小企業や国民は大変深刻な状況にあります。企業の倒産・休廃業は依然として多く、失業率も高い水準で続いております。そして、「財政危機」の名のもとに消費税の増税など大衆課税が強化され、福祉も連続して切り捨てられてきています。そのような状況がいろいろな社会問題を起こしているといえます。

2010年6月、政府は「中小企業憲章」を閣議決定しました。その内容は、日本における中小企業の重要性をあらためて強調するとともに、中小企業を軸とした日本経済の再生を政府として重視することを宣言したものであります。今後、中小企業に関わるすべての政策の立案や制度設計の拠り所、根拠になります。逆にいえば、そのように立案された政策の実行などを通じて「中小企業憲章」の内容の実現に近づくことができると言えます。

日本が本当の意味で「中小企業立国」となっていくためには、中小企業が国や地域の経済循環の要となること、中小企業が安心して事業展開ができる条件が整備されること、中小企業が経営環境の変化に積極的に対応できる方向性が示されることが必要です。

大きな時代の転換期の中で第一経理は、「4つの経営理念」に貫かれた専門家の集団として、税目別、業種別、問題別に特化するとともに、グループ内外の専門家とも連携を強め、中小企業のニーズに的確に応えご満足していただける会社つくりに挑戦して参ります。

税理士 平石 共子

税理士法人第一経理 代表社員 平石共子

税理士法人 第一経理 代表社員

私たちは中小企業のみなさまや個人事業者の方々に信頼されるパートナーでありたいと考えています。創業時より会計事務所としてスタートしていますので、基本的なお手伝いは税務中心ですが、税務会計の枠にこだわらず顧問先のみなさまのニーズにお応えするために第一経理グループとして体制を整えてまいりました。

中小企業のみなさまの外部スタッフ、専門家集団として、顧問先のみなさまに頼りにされる存在でありたいと考えています。

先日私どもの顧問先になられて1年くらいになる社長さまにご挨拶申し上げたときのことです。私が名刺を差し出しますと、これで第一経理のメンバーと名刺交換するのは7人目とありがたい言葉をいただきました。

まず税務会計の担当者はもちろんですが、そのほか資本政策についての相談は資産税事業部の担当者が、社会保険についての相談は第一経理グループの社会保険労務士が、今入っている保険がリスクマネジメントの観点から適正かといった保険診断についてはFP事業部のフィナンシャルプランナーが対応させていただきます。
会社法務に関しては司法書士が、行政手続きに関しては行政書士が、経理担当者が産休に入るので半年間経理スタッフを派遣してほしいというときには、キャリアスタッフ事業部で対応させていただくといった具合です。

第一経理グループで対処できない法律問題については、当社が長年にわたり連携している法律事務所の弁護士につなぎます。そのような時でも一番会社に身近な税務会計の担当者が窓口になってご一緒に解決に向けて取り組みます。

もっと良い会社にしたい、もっと儲かる会社にしたい、経営改善をして会社の再生をしたい、事業承継について相談したいなど、それぞれ会社の経営課題はさまざまです。私たちは会社の状況に応じて、成長に合わせたお手伝いをしたいと考えています。

顧問先の関与形態についても、毎月担当者が訪問する継続日常的な支援もあれば、年に1回の申告を中心にして何かあったときは個別に相談していただく支援もあります。

それぞれの会社の状況とご要望に合わせてご提案させていただきます。
ぜひ税務会計に限定せずに、経営周りに関することなら何なりとご相談いただければ幸いです。

税理士 長谷川 元彦

税理士法人 第一経理 代表社員

59年の歴史を紡ぐ(つむぐ)

税理士法人第一経理 代表社員 長谷川元彦

第一経理が、阿部国博税理士のもと、創設されたのは、1954年(昭和29年)2月。「納税者のため」「中小業者のため」、個人の力ではなく、集団の力で対応して、問題解決を図ろうと集団での運営を目指し今年で61年目を迎えます。

私が、入社した1983年(昭和58年)が、阿部税理士から河野税理士への初めての代表の引継ぎでした。そして、私が代表社員に連なることになり、あっという間に5年が経過しようとしています。

60年の歴史に裏打ちされた、「第一経理」の値打ちを、引き継ぎ、さらに発展させ、中小企業、納税者のための税理士事務所を実現するため、日々、学び、悩み、相談し問題解決に努力してまいります。

身近なコンサルタントを目指して

中小企業のおかれている状況は、決してよいとはいえません。廃業率が創業率を上回る状況が近年続いています。しかし、中小企業の活動・活躍なしには、国民生活は、成り立ちません。世界的な製品も中小企業の基盤なしには成立しません。生活に直結したサービスの多くは、地域の中小企業が行っています。

中小企業経営者の悩みの解決は、その企業だけでなく、国民経済・国民生活を支え、発展させることにつながります。

第一経理に課せられた社会的な任務の一つが、中小企業経営者の「身近でかけがえのないコンサルタント」になることだと考えています。

埼玉事務所40年

東京都北区から始まった第一経理が、お客様の発展につれて、埼玉での業務を求められ1973年(昭和48年)、当時の与野市円阿弥に埼玉事務所を構えました。その後、上中里、北与野と旧与野市内を移転し、現在の中仙道沿いのさいたま市浦和区仲町に事務所を開設したのが2006年(平成18年)4月です。

私の入社時の配属先が、上中里の事務所でした、その後、北与野、現在は「さいたま新都心」になっている、JR操車場跡地の脇の事務所に勤務していました。仲町の事務所に移転する際に、「所長・代表社員」となり現在に至っています。

税理士4名職員20名で埼玉地域での拠点事務所を目指しています。今年4月からは、司法書士法人「第一法務埼玉支店」を併設し、お客様の税務だけでなく、経営にまつわるさまざまな問題解決ができるように陣容も整備します。

たよりにされ、期待される「第一経理」「埼玉事務所」を「創る」ことが、私の任務だと考えています。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。