• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

青経塾講演レポート

株式会社パワー  会長 渡辺剛博 氏

 

経営とは何かを学んでいく青経塾。今回は「仕事の確保と経営トップの決定的役割」について学びました。

 

 6月16日、24日と2日間にわたって、株式会社パワー渡辺剛博会長に「仕事の確保と経営トップの決定的役割」について講演をして頂きました。
 糸繍製品を扱い、ネーム業界やワッペン、キャラクター使用権確保など新たな事業へとチャレンジしていく株式会社パワー。
 その力の原動力は、ベテランから若手まで浸透した経営理念と、自社独自の営業方法。特にランチェスタ―と名付けられた営業方法は、訪問回数を他社よりも増やすことで顧客の情報収集、ニーズの収集だけでなく、継続的な取引の確保に繋がっています。
 また、3月11日の大震災直後の3月14日に、得意先、仕入先100社に見舞状の手紙を発送しており、他社へのきめ細やかな配慮と迅速な行動には大変感銘を受けました。

 

● 仕事の確保に必要なもの

 講演の中で渡辺氏が中小企業の最大の課題として挙げていたことは、「仕事の確保、売上の確保」です。実際、多くの会社が売上の減少に頭を悩ませています。

 グローバル化が進み、中小企業は海外の低賃金によって作り出された商品との価格競争を余議なくされています。その中で、中小企業が売上確保をするためには
①全社員が一丸となって目標へと向かっていけるような経営理念、経営方針の作成。
②独自の路線を模索し、研究開発によって自社にしかできない製品、サービスの提供。
③海外に視点をおきアジアの活力を利用する。
この3点が必要となってきます。

 

● 経営トップの決定的役割

 特に最優先事項としては経営理念、経営方針の作成が第一。
 株式会社パワーでは会社全体の経営理念と、部門別、個人別にまで目を配った経営基本方針を作成しています。
 また、その方針に対して年間を通じてどんなことをして、どのような結果を挙げたのかといった目標設定の後のフォローまで行っています。
 方針を出し、評価をして、分析まですることは容易なことではありません。
 しかし、会社の面舵を明確にし、社員が一丸となって向かって行くためにも、経営理念、経営方針の作成をする必要があるのではないでしょうか。

 これを機会に是非、自社の経営理念、経営方針について見直してみて頂けたらと思います。

≪次回青経塾のご紹介≫
 次回、青経塾では会社訪問を行う予定です。今話題の電気自動車について勉強していきます。興味のある方は是非ご参加下さい。9月10日(土)の予定です。  

 (文責 請園 直之)

真剣な表情で講演を聞く青経塾メンバー      今後の経営に是非役立てて下さい

 ~青経塾へのお問い合わせ~
第一経理 仁平、大槻
TEL:03−3980−9101 FAX:03−3980−5646
E-mail:nihei@daiichi-keiri.co.j