• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

新年のごあいさつ

謹んで新春のお喜びを申し上げます。

 ニューヨーク・ウォール街で始まった貧困と格差に反対する運動が、全世界に広がっています。この運動が掲げるスローガン「1%の大金持ちが支配する社会でいいのか」「私たちは99%だ」は、今の日本の現状も全く同様です。

 大企業の内部留保は増え続け260兆円にも及ぶ一方、国民の所得は減り、貧困と格差が拡大し、長期にわたって「成長の止まった国」という状況から抜け出せない。そのもとで上位1%への富の集中が日本でも起きています。
「税と社会保障の一体改革」では、社会保障制度の大改悪をやりながら消費税を2倍にするという、これまでのどんな庶民増税・社会保障改悪にもなかった最悪のものであります。社会保障の財源をどうするか、所得の少ない人に重くのしかかる消費税増税は、社会保障の財源として最もふさわしくないものです。社会保障の財源は、応能負担―負担能力に応じた負担の原則を貫いて確保すべきです。

 就業人口の80%は中小企業で働いています。中小企業こそ日本経済の真の担い手であり、国民の暮らしを守る責務があります。条理」なことにはノーと言い、「暮らしを守る・人間らしく生きる」を実現し、「国民一人ひとりを大切にする国づくり」を声だかに主張していきましょう。

 本年もご支援ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


第一経理 代表 千葉 秀蔵