• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

ただいま復興中!

地域の皆さんに支えられ仮店舗にて再開しました!!

 

 

 

 



有限会社 竹屋商店
代表取締役 酒井 健太郎 氏

 

 いわき市の豊間地区で三代にわたって酒販店を営んできた酒井社長は、昨年3月11日、店で被災。「津波が来る!!!」と判断し母親達を軽トラにのせ高台へ避難しました。間もなく集落に津波が押し寄せ、家と家がぶつかる「ゴーン、ゴーン」という音だけを覚えているそうです。自宅、店舗は土砂や瓦礫でめちゃくちゃな状態。残った商品は、何度も洗ったが砂が入り込み売り物にはならず、近隣の被害も深刻で、町がなくなった喪失感から、もう店はできないとやめる準備をしていました。

 しかし、取引先から「店を続けて」「辞めるな」と声がかかり、また地域の方達に励まされて、昨年5月から、平下高久牛転(たいらしもたかくうしころばし)地区の親戚宅書庫を借りて営業を再開しました。

 珍しい隠れた銘柄を中心に軽トラでの配達が中心です。今は個人宅が多く、時間もまちまちですが、営業している事を知ると顔なじみの人が訪ねて来てくれます。避難先からの注文が入る事もあるそうです。しばらく豊間には戻れないので、書庫の仮店舗からスーパーハウスの店舗を建てる予定です。

 また店から車で10分ぐらいに震災後離れていた社員が自宅を移す予定だと聞き、また一緒に働く事になりました。今後は店舗での販売と軽トラでの販売・配達に力をいれながら「人の流れをつないでいきたい」「豊間に戻る」の決意をもって酒井社長はふるさとの皆さんと復興中です。

(文責 阿部 美千子)