• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

放言三昧

 今年の大河ドラマ「八重の桜」が始まりました。「幕末のジャンヌダルク」や「ハンサムウーマン」、「日本のナイチンゲール」などと呼ばれる新島(山本)八重。今回の大河ドラマの主人公です。

 新島八重は、会津に生まれました。幕末の会津と言えば旧幕府軍として新政府軍と戦いました。この戊辰戦争(会津戦争)においては、多くの悲劇が生まれました。語り継がれる悲劇は、多くの映像作品にもなりました。松平容保、西郷頼母、白虎隊…。

 今回の大河ドラマは、NHKの東北復興プロジェクトの一貫として「新島八重」が選ばれました。今までの幕末・会津藩のお話では、脇役であった新島八重。白羽の矢が立ったのは、やはりその生き方があまりにも格好良く、後に例えられるようにハンサムであったからだと思います。会津の人たちのバイブルの様な「什の教え」、「ならぬものはならぬ」。ならぬと言われども、髪を切り男装をして銃を構える姿は、まさにジャンヌダルクと言えるように思います。

 真っ直ぐに前を向く、新島八重の姿にはきっと勇気を貰えることでしょう。今年の大河ドラマ「八重の桜」。どの様なストーリー展開がされていくのか。とても楽しみです。

(ただの大河ドラマファン)