• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

三十条の言い分

 

 

 福島第一原発で停電が起き、核燃料貯蔵プールなどの冷却システムが止まる事故が先月発生した。トレーラーの荷台に仮設した配電盤内にネズミが入り込んでショートしたためという。事故から2年も経っているのに未だに仮設配電盤、電源のバックアップもないという。あの全電源喪失の教訓が少しも活かされていない。東電のあまりにずさんな管理と対応に強い怒りを覚える。

 安倍首相は原発再稼動を公言して憚らない。かつて東京新聞は「原発を造って稼ぎ、壊れても稼ぐ」と大手ゼネコンを評した。全国57基の原子炉建屋のうち45基をゼネコン3社が受注した。その建設費は10兆円に及ぶという。除染事業でも委託費の6割(72億円)をこの3社が受注している。しかもピンはねの実態も報じられた。

 本来政治こそ人間の命と安全な生活を守るべきなのに、大企業の利益を優先する構図が見えてくる。

 私の友人が郡山から「福島レポート」と題しこちらの知りえない情報を多くの知人・友人に発信してくれる。毎週金曜日の官邸前抗議行動も丸1年が経過した。一人ひとり違うやり方でいい。「原発いらない」の声をあげよう! 

(來)