• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

三十条の言い分

 


 落葉樹は、晩秋の寒冷にあたると、紅葉したり黄葉したりして凋落する。紅葉した山は人々の目を奪い、どこか物悲しい余韻を残していく。

 社会全体に情報が溢れていると指摘されてもう久しい。ただ、最近疑問に思うのは、「私たちは本当に正しい情報を得られているのだろうか」という点である。ここでは、朝日新聞の一連の誤報のみを取り上げ指摘しているのではない。テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、インターネットなどの各メディアは、本当に真実な情報を伝えているのだろうか。

 政治、経済、社会の権力を監視するのはメディアの重要な使命である。メディアの権力への同調は、過去の戦渦が示す通り、民主主義を死の淵へと追いやっていく。同時に、メディア自身が巨大な暴力性を持っていることを見過ごしてはならないだろう。一方的で偏狭な情報は、社会全体で虚構な「悪」を仕立て上げ、冤罪という悲劇の温床となっている。情報の受け手側である私たちは、徐々に日常に棲みついていく情報にならされてはならないのだと思う。

 紅葉した美しい山のうちには、人が予知出来ない「畏怖」が存在しているのである。

 (温)