• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

放言三昧

 

 夏野菜のピークも過ぎ、我が家の家庭菜園も一段落。ピーマン、オクラ、きゅうり等良く実りました。10年前から始め、今年は少しずつ、10種類くらいが庭を埋め尽くしました。やはり食べたい時に、とって食べることが出来るというのは大きな魅力です。
 土作りから始まり、当然農薬など使いません。常に葉っぱなど病気はないか、虫の卵はないかチェックも当たり前。なんと手間のかかった、原価の高い野菜なのでしょうか。
 さて、8月に農林水産省より平成25年度の食料自給率が発表されました。これによると4年連続で39%ということでした。日本の食をこれだけ海外に依存してよいものか、という素朴な気持ちが湧いてきます。未だ日本人の安全基準の感覚と、輸出国のそれとは大きな隔たりがあるのは事実です。スーパーでよく見かける「私が作りました」と生産者の写真や名札、この身近な感覚がやはり食料にはあっているなと感じます。
 我が家の明らかに生産者のはっきりしている野菜は、家族がしっかり食べてくれ、来年は更に作付面積の拡大を考え中です。

(池)