• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

三十条の言い分

 


 今年は戦後70年という節目を迎えます。もはや戦後生まれは人口の1億人を超え、国会議員の9割以上が戦後生まれとなっています。私は今までひめゆり部隊の語り部や長崎の被爆者の方、東京大空襲で親兄弟を失った方の話を聞く機会がありました。しかし、これからは、「いかに戦争が恐ろしいか、悲惨か」「二度と戦争をしてはいけない」ということを後世にどう伝えていくのかは大きな課題でしょう。今年は歴史を振り返るチャンスの年といえます。
 私たちは大きな犠牲のもとに新しい憲法を獲得して「臣民」から「国民」になることができました。忘れてならないのは、憲法に掲げる基本的人権の尊重・平和主義の実現のために、国民主権があるということです。「その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」と憲法前文にあります。政権与党が三分の二以上の議席数を得たからといって、すべてが容認されたわけではありません。国会議員には憲法を守る義務があります。国民のしあわせを第一に考える国会決議を強く望みます。

(紫)