• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

第2回 青経塾セミナー報告

俺が会社を続けて来られたワケ ~自分が変わることで人も会社も変わる~


 講師 : 有限会社 誠和鉄筋 代表取締役 佐々 正和 氏

p9-社長トリミング

有限会社誠和鉄筋        代表取締役 佐々 正和 氏

  6月19日、豊島区民センターにて「俺が会社を続けて来られたワケ~自分が変わることで人も会社も変わる~」が開催されました。講師には千葉県柏市で鉄筋業を営む、有限会社誠和鉄筋の代表取締役佐々正和氏を迎え、講演して頂きました。
 講演は、佐々社長の半生の中で壁を乗り越えた時に得たもの、失ったものを振り返りながら進みました。「もしこんな壁にぶち当たった時あなたならどうするか」という問いを参加者に投げかけ、意見を聞くことで様々な観点から考えられる講演となりました。
 最大の転機となった「亀有事件」。約10年前、佐々社長がずっと一緒に仕事をしたいと思っていた職人達と信頼できる幹部が相次いで離反、会社は経営の危機を迎えます。その時は現実から目を背けるようにずっと現場に出て作業することしかできませんでした。残ってくれた職人達は、佐々社長のそんな後ろ姿を見て支え、助けてくれたそうです。
 その時得たものは残ってくれた仲間。残ってくれた職人達は今まで特に会話がなく、関係が希薄でしたが、その人達に助けられ、今の自分がある。失ったものは人材・信用。当時は仕事が順調で傲慢になっていたのかもしれない、と振り返っていました。
 その後、人材を確保・定着させる為に独特な方法で会社をアピールします。人材募集の広告は「やる気のない人大募集!好きな時だけ働ける!前借自由!」この広告で電話が殺到。この広告の目的は、欲しい人材を集めるのではなく、まず電話をもらって、自分の会社のことを知ってもらうことだったので、目的と手段が合致して大成功。
 実際に採用した方は意外と真面目に働いてくれたので、どんな人でも根底ではしっかり働きたい、やる気を出したいと思っていて、それを引き出せる環境を作るのが重要、と感じたそうです。そこで考えたのが5年で独立させる「5年ルール」。独立することでこれだけ稼げるようになる、ということを説明して、やる気を出させ、仕事の定着にもつながったそうです。
 ただ、中にはうまくいかない、やりたくないと思う人もいましたが必ず一度は独立させます。その中で経営者としての悩みや喜びを少しでも感じ、従業員との温度差をなくし、皆で高めあえる関係を築く土台作りにしているそうです。
 全体を通し、非常に和やかな雰囲気で、佐々社長の人柄が感じられる講演となりました。
 次回、青経塾では9月に見学会を企画しております。皆様のご参加をお待ちしております。

(木下直人)

p9-セミナー全体像トリミング