• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

放言三昧

 

 出勤前に何気なく朝の情報番組を見ていたら、「幼なじみ婚」についての特集がされていたのが目に留まりました。
 その番組によれば、幼なじみ婚は、40~50代の夫婦では50組中1組だったのに対し、20~30代の夫婦では50組中7組が該当したことから、幼なじみ婚は若い世代に増えている、ということのようです。
 幼なじみ婚の夫婦の場合、「昔から知っているので楽」、「親同士も仲がよい」、「育った環境が似ている」などのメリットがあり、お互いを子どもの頃からよく知っていることで、信頼感や安心感も持ちやすいとのこと。
 私の妻は中学校の同級生なのですが、確かに昔からの付き合いなので結婚後も気が楽というのは感じる時があります。また、妻の両親は私のことを見知っていたので、「娘さんと結婚させて下さい」のフレーズはすんなりと受け入れてもらえました。
 我が家も幼なじみ婚に該当するのかなあと思いつつ、妻に見送られながらその日も会社に向かったのでした。

(結婚生活半年の新米亭主)