• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

三十条の言い分

 

 

 初冬の冷たい利根川で高齢の両親が死亡し、娘が殺人と自殺ほう助の容疑で逮捕されるという痛ましい事件が起きました。家計を支えていた父親が病気で働けなくなり、わずかな年金では暮らせず、認知症の母親を抱え将来を悲観しての無理心中でした。
 安倍首相は安保法案の成立直後、突如これからは経済だと、「一億総活躍社会をめざそう」と言い出しました。どうも違和感を覚えずにはいられません。「一億火の玉」「産めよ増やせよ」といった戦中のスローガンと重なって聞こえるという声も耳にします。国民を一つの価値観に向かわせ、異端者は排除する風潮になることを危惧します。
 高齢で働けなくなっても安心して暮らせる社会。育ててくれた親を自分で介護することも認められる社会。多様な価値観を認め、支え合いながら、一人ひとりが個性を活かして生活できる環境をつくることが、豊かな生活につながるのではないでしょうか。
 「一億総幸福社会をめざそう」であれば、まだよかったのですが…。

(広)