• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

我が社の原点

会社の危機も親子で乗り切る。 前に進む気持ちを持って。

 

p2

株式会社 ワタナベ建興

 代表取締役社長           取締役会長
  渡邊 広康 氏          渡邊 理倶也 氏

 

 埼玉県白岡市にある、建築とプラント事業で活躍中の株式会社ワタナベ建興。会長である父 理倶也氏と社長である息子 広康氏。信頼し合っているからこそ、意見を思い切りぶつけることが出来る。そして一緒に困難を乗り越えてきた。今回の我が社の原点は、お二人で一緒に作り上げてきた会社の取組みについてお聞きしました。

 


埼玉事務所 池田 健一

 

  プラント事業に携わるきっかけ

 

―会長さんがご商売を始められた頃のお話をお願いできますか。

 会長 昭和30年頃、友達と一緒に東京に出てきて、荒川区の知り合いの工務店で、働かせてもらったことがスタートです。そこで修業をし、仕事を覚えて、渡邊工務店として独立したわけです。当時は沖縄県が大変な建設ラッシュで、向こうに行って頑張ろうと考えていたんだけれども、ここで働いているうちに気持ちが変わり、独立を選んだのです。
 一応土木建築で、基礎から増改築までなんでもやりますよと、今でいえば便利屋みたいなことで始めたわけです。

 

―プラント事業からスタートではないのですね。

 会長 プラント事業はだいぶ後になってからの話です。建築業からプラント工事も携わることになったのにはきっかけがありました。昭和55年頃かな。付き合っていた中堅・大手の会社が、続けて二社、倒産してしまった。私は不渡りを出し、資金繰りに困り果ててしまいました。
 それで、友達が機械設備関係の会社に知り合いがいるというので、紹介してもらった。下請業者として、仕事をやらせていただきました。基礎を造り、設備機械の据付けをしたりして、それが最初の仕事でした。その後建築工事とプラント事業の二本立てで仕事をしていくことになり、この紹介していただいた会社との出会いが、原点となりました。

 

社長の入社

 

―社長さんが入社されたのはいつごろでしょうか。

p2 社長社長 平成12年です。私は学校を卒業して、埼玉県の建設会社に就職しました。マンションの建設工事全般に携わりました。あとは公民館や役所関係の物件の現場監督を12年やっていました。そのような時、うちの会社も仕事量が増えてきたので、入社しないかという依頼を受けたのです。

会長 工事が出来る監督が必要になってきたのです。実は、最初にプラント工事を出してくれた会社に、監督が出来る人がいなくなったのです。そこでお宅の倅を貸してくれないかと。大きな工事なので、非常に困っていたんですよ。
 ずっと外から倅が携わる現場を見てきて、まあまあ現場を担当できるまで育ってきたのかな、と思っていました。私が動けなくなった時のために、現社長を十年ほど修業に出していたわけですから。

社長 その最初の仕事は建築ではなくて、単純にいうと大きな焼却設備、びっくりするほど大きな物件だったんです。その鉄骨建て方の現場監督の応援で始まりました。焼却設備とかまったく知らない世界に連れて行かれたのですが、鉄骨というのは知っていたから、その建て方の応援で行って、いろいろやってきたということです。

 

お二人の価値観

 

―お二人で一緒に会社をやっていくと、意見の食い違いなども出てきますよね。

社長 昭和6年生まれの会長と、昭和42年生まれの私では物の価値観は全く違います。
 会長は厳しい時代を生き抜いてきましたが、私は4人兄妹の末っ子長男であり、とても甘やかされて育った訳です。意見が合う訳もなく、事ある毎に喧嘩となります。
 お互いに譲らない性格のため、言いたい事を言いたいだけ言って終わります。しかし次の瞬間には、何事も無かった様に普通に戻ります。やはり二人しかいませんから。
 現在会長は、社内の総務的立場でご意見番の役割を担っていただいており、私は営業、積算、工事管理など実務面と社長業を兼ね、人手不足なので何でもやらなくてはならない状況になっています。

会長 社長は建築ではプロだと思っているけど、機械設備に関しては全くの素人です。私は先輩だから口を出す。するとお互いに意見がぶつかるわけです。文句言う相手があるからいいのですよ。意見の交換だから、喧嘩するのは当たり前だと思っている。喧嘩しても、夜になれば乾杯するしね。

 

やりながら覚えていくプラント事業

 

―プラント事業について、もう少し具体的に教えていただいてよろしいですか。

社長 プラント業界はものをつくる生産設備で、例えば食品会社や大きいものであれば石油会社のようなものもあります。そこの機械設備や配管、建屋など合わせて一般的にプラントと言って、その機械を据付けしたり、その架台や配管をつくったり、いらなくなった機械を撤去したりするのがプラント工事です。
 うちで多い仕事は公共設備で、環境プラントと呼ばれるものです。汚泥処理施設、水処理施設、活性炭吸着塔や脱臭設備機器取付工事などです。汚泥焼却施設もあります。
 新設の設置工事もやるし、修理もやります。ただ、新設というのは、一応行き渡っているので、需要は少ないです。修理はこれから壊れていく機械を、延命処置していかに動かすようにするかというのと、もう駄目だから取替えようという撤去据付けというのもあります。
 元請けの会社から見積依頼を受け、価格の折り合いがついて受注後、工事に入ります。公共工事が多いため、8月、9月頃から工事が始まり、翌年2月末まででほぼ完了します。そこまでで繁忙期も終わり、3月以降は工事物件がとても少なく、閑散期となります。
 プラント分野は建築分野とはまた違うのです。マンションを建てるように方法が決まっているわけではない。やりながら覚えていくしかない。新しい機械もあれば、聞いたことない機械もあります。まったく知らない設備だけど、それをやりながら特徴とかを覚えていかないとだめなのです。

 p2 プラント

 

入社4年目に取引先の大きな倒産

 

―入社後、順調に仕事は増えていきましたか。

社長 私が入社する前は、会長が一人で仕切っている会社であり、会長と取引先との信頼関係があって、仕事がもらえていた状況でした。また作業を行なう業者さんも、会長とがっちりタッグを組んで作業をしていたと思います。
 しかし私が入社し4年目に、得意先の会社が倒産したことにより、当社の経営は悪化し、仕事の見通しも無くなりました。
 これまでは、現場一筋で営業の経験は全く無く、父に任せっきりで、請負った工事をこなすだけでした。多種多様な機械の名前や配管の種類、ましてや自社で過去に工事をしてきた機械の性能すら把握出来ていない時にこの状況、本当に愕然としました。

 

―その時の心境はいかがでしたか。

社長 当時の私の心境は「お客様は居なくなった。仕事は来ない。73歳の父に頼るのはとても情けないが営業などしたこともないし、したくもない。」というものでした。しかし住宅ローンと小学生の子供が二人も居ましたからとても悩みました。
 逆に父は、物事に動じない性格で、焦りなど表情に出さず、いつもの様に笑顔の余裕を見せておりました。実にあっけらかんとしていた会長を見て「何故だ?」と思った事をとても良く覚えています。
 何かしなくては、と営業を二名雇いましたがそう簡単には行かず、私はようやく観念しました。やはり自分がやらなくては、と過去の資料や写真を掻き集め、まずはカタログ作りを始めました。実際に見た事のない過去の工事写真を載せ、行った事のない現場名をパソコンに打ち込み、何度も会長とチェックを繰り返しました。そして自宅で印刷して、会長と一緒に折り畳み、ホチキスで止め、完成させました。
 この時ばかりは目的が一緒だった事もあり、協力し合い、良い物が出来た気がします。

 

前に進む気持ち

 

―この武器を持って、積極的に営業活動は進みましたか。

社長 問題はこれからでした。工事実績があっても、それを伝える営業力と経験が私には全くありません。とても自分に自信が持てないことを払拭するものは、前に進む気持ちだけでした。
 有名なプラント会社へ片っ端から飛び込み営業を掛け、カタログを開き、自分で全く施工した事もない機械の説明や、行った事のない現場を説明しました。
 今思うと恥ずかしいのですが、親子二人だけの会社が大手へ飛込み、営業を掛けるのはとても分不相応な事をしたのかなと思う時もあり、良くやったなと感心もします。
 しかしそのような営業が上手くいくはずもなく、どうせまた駄目だろうと、客先の会社の前で扉を眺め、開ける事が出来ずに暫く立往生することもたびたびでした。
 それでも「何時丁度になったら入ろう!!」と、何度も自分に言い聞かせ入ったものです。
 この、前に進もうという気持ちは、経験を重ねた今でも、強く持っています。

 

―社長を交代されて8年、気苦労は続きますね。

社長 一次下請けを行うことが多いため、一現場に一人管理者が必要となります。仕事が沢山あっても人数分の現場しか受注出来ず、そこが大きく影響してしまいます。
 価格競争もありますが、信頼・信用がとても必要な業界であり、工事期間に確実に完了させる事はもちろん、緊急工事にも対応出来ないといけません。実績が無いと出来ない工事も多く、機械によってはメーカー毎に性能が違うため、そのメーカーの実績も必要となります。それらを過去の実績をもとに、信頼してくれるまで通い、伝えることがとても難しいです。

 

仲間が居て良かった

 

―様々な現場で心に残っている出来事はありますか。

社長 現場では幾度となく問題にぶち当たります。その中で一番大きい問題だったのは、当社が受注した日光の現場です。
 雪の積る山奥の寒い現場で、問題が発生したということで現地に行くと、とても工期内に終わる状況ではなかったのです。人手不足や材料不足で工程も遅れ、雪のため配達資材も届かない場所のため、工事は中断していました。
 そのため協力会社や知人に連絡をして、この状況を伝え、お願いし、なんとか協力を仰ぎました。同業のみなさんなので繁忙期が一緒にもかかわらず、数社が交互に応援に来てくれました。
 連絡した次の日に、少しだけ手伝えるので、とはるばる横浜から来てくれた業者さんもありました。
 そして関係者が無理ではないか、と言われていた工期内で、無事に完了させることが出来たのです。これは私の中で初めて「何事も諦めずに進めば、何とかなるものだ」と実感した出来事でした。「仲間が居て良かった」「仲間を大事にしなくては」と強く思いました。

p2 会長会長 私は、最初にも言いましたが昭和55年、不渡手形を出し、十数社の下請け業者に大変な迷惑をかけた。一社、一社に分割払いをお願いして「構いませんよ」と承諾してもらった。それは本当に嬉しかったです。それがあったからこそ、困った業者には手を貸してあげようという姿勢でやってきました。
 最近も取引先が厳しい状況になってしまい、なかなか連絡が取れない状況になってしまった。支払いできないなら、本当のことを言ってもらいたいのですよ。相談してもらいたいのですよ。僕も苦労してきているわけです。だから助けてあげたいという気持ちなのだが、悪いことは悪いと言ってくれないとね。うそはいけないということです。

 

―最後に、これからの決意をお話しください。

会長 まずうそを言わない会社、次に手形を切らない会社、そしてつぶれない会社。確実にこの三つを現社長に引き継がせる覚悟、決意です。
 現在、社長の頑張りもあり、得意先としっかりした信頼関係が結ばれています。このまま続けていってもらいたいですね。

社長 私はものづくりが好きなのですが、今は忙しく時間がありません。余裕が出来れば、色々なアイデアを生かし、ものづくりをしたいと思っています。開発の分野です。どうしてもこの業界は不安定さが伴います。その不安定さをなくすこともできますので。
 そのためには今の従業員にもっと成長してもらって、それぞれが営業して管理してという舞台を作り上げ、自分は開発に専念したいです。