• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

ただいま努力中

わんちゃんのおふろ 始めました

 

p7-タクシー

  

 

  

  有限会社 サンケミカル    
  
代表取締役 村澤 弘一氏 

 

 昔は、番犬としての役割がほとんどだった飼い犬も、現在では、家族の一員としての地位を確立し、また、厳しい仕事からの癒しを与えてくれる存在として社会的に認知されてきています。
 有限会社サンケミカルの村澤社長もペットを家族の一員として考えている一人です。
 事務所では、ジャックラッセルテリア犬のジェームズ君がお出迎えをしてくれます。会社が床工事業で「ボンド」を扱うため、この名前になりました。
 5年前にジェームズ君を飼い始めて直面したのが、トリミングやシャンプーなどの費用の高さ。毎月1万円を超える出費は家族の一員とはいえ痛い。
 シャンプーは、自宅で行う方も多いと思いますが、犬の匂いや、抜け毛の多さ、その後始末の大変さは経験ある方は共感できるのではないでしょうか。
 アイディアマンの村澤社長。シャンプーやトリミングを自分でできる施設を作ったらよいのではないか、ということで開設したのが「わんちゃんのおふろ ウィン」です。
 最大の特徴は、時間極めで使用できること。トリミングをする専門店の設備を導入し、自由に使っていただけます。
 抜け毛の問題、においの問題、費用の問題を一気に解決できます。

 努力中写真2

 
 費用は、中型犬で、最初の一時間が1200円、延長が500円と、リーズナブル。
 シャンプーや爪切りなどの道具は持ち込みオーケー。(貸し出すこともできます)
 犬のトリマー資格をもつ店員さんも常駐して、体制は万全です。
 目下の悩みは、お店の場所が、草加市の産業道路沿ということもあり、集客が難しいこと。
 事業をやる中で、新たに見えてくるものもあります。病気のワンちゃんを移送する手段がないこと。一般のタクシーに乗せることができないためです。
 そこで許可を取り、ペットタクシーも始めました。実際にタクシーを利用するより割安になっており、儲け度外視の事業です。
 家族の一員としてのペット文化を根付かせるための先駆けになりたい、という思いがそこにはあります。
 大型犬などの病気の際には、病院に連れて行く手段がない方にとっては、朗報です。
 是非一度、見に来てください。

(新美 康弘)