• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

ただいま努力中

「手入れのしやすさをコンセプトに」  

 

 p8河野社長

 

 

 

 

株式会社 LAMP 
代表取締役 河野 基次 氏

 

 30年近く前、つくば万博が開かれた地に美容室、HAIR MAKE LAMP を開業し、早や4年になります。社長の河野基次さんにお話をお伺いしました。

 

カフェのような入りやすさ

 LAMPというお店の名前を決めるにあたり、いくつかの候補がありました。河野さんは「消去法ですよ」と笑いながら話していましたが、最終的には、ランプの形状が格好よく、昔から好きだったことから、LAMPと名づけられました。
 お店は白を基調としながらも、木を効果的に取り入れ、まるで軽井沢のカフェを思わせます。

 

憧れを実現

 河野さんは中学生の頃、床屋さんになりたいと考えていました。しかし、美容師というものがあることを知り、将来の希望を固めました。
 実際、テレビドラマでスタイリストが活躍するのを見て「かっこいい」、「華々しい」とういう憧れを抱いたそうです。
 そして、夢に向かい、美容師の国家試験を乗り越え、東京や地元の美容室で下積み時代を10数年経験しました。
 そこでの経験で仕事のやりがい、難しさを学びました。
 美容師はシャンプーやカットの経験が5年ほどで1人前になるそうです。技術も大事ですがそれ以上に「感性」、「感覚」と言葉で言い表せないものがあるそうです。センスとでもいうのでしょうか。

 

丁寧なカウンセリング

 カットのコンセプトとしては、「手入れのしやすさ」です。
 セットした髪型が翌日以降、どうしてもご自分で再現できないということがあります。LAMPではカット前に丁寧なカウンセリングを行い、乾かすだけで自然にまとまるカットを提供しています。お客様からの評判もよく、リピーターとなるお客様も多いようです。

 

お客様とスタッフは宝だ

 美容師業界では事業所数は増加していますが逆に美容師の数は減少しています。その要因は、働く環境が整っていないことがあるようです。辞めてしまった人の多くは他の業種に転職してしまうのです。河野さんは下積み時代の経験からスタッフには働く環境を整えて、気持ちよく働いてもらうことがお客様の満足を向上さることに繋がると確信を持っています。
 そしてそのことを実現するために会社にしました。80%が個人事業所の世界でいま一歩先を行く取り組みです。

 

 今後の展開が楽しみ

 美容師の技術に磨きを掛け、更なる飛躍のためにスタッフ増を図りました。今後、ブライダルや成人式等により対応すべく準備をしているところです。
 お客様の70%は女性ですが男性でも、また年齢を問わず、河野さんは「LAMPのドアを開けてほしい」と笑顔で話していました。

(荒井貴弘)

 p8店内の様子

場所  : つくばエクスプレス 万博記念公園駅 西口下車 30秒
HP    :   www.hair-make-lamp.com