• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

社労士あっとランダム

パート・アルバイトの社会保険加入対象が拡大されます

 

社会保険労務士 是永 一穂

 

 平成28年10月より社会保険に加入する要件が変更になります。これにより501人以上の規模の会社の場合は社会保険に加入する対象者が増え、会社の社会保険の負担が増えることが予想されます。
 この要件の変更が今後に及ぼす影響と、現在の社会保険加入要件を把握しておきましょう。

 

現在の社会保険の加入要件

 

要件:正社員とたいして変わらずに勤務する人

  「正社員とたいして変わらずに勤務する人」とは、通常「雇用契約書等で定められた勤務時間や勤務日数が、おおむね正社員の4分の3以上ある人」を言います。
 例えば、正社員の1日の労働時間が8時間で月に20日勤務する会社については、「1日の労働時間が6時間以上で月に15日以上出勤する人」が対象となります。
 ただ、この要件についてはいまだに法的に条文化はされておらず、目安という水準になります。目安としては年間130万円以上の収入がある方が対象となります。(いわゆる130万円の壁と言われています。)
 パート・アルバイトの方で年末くらいの時期になると「130万円を超えるのであまり働かせないでください」という申出があるのも社会保険の加入要件を満たして自ら社会保険料の負担をしたくないという事情があるということになります。

 

年金事務所の調査について

 

 年金事務所はおおむね4年に1回、社会保険加入に関する調査を全ての会社に対して行っています。この時にパート・アルバイトの方で社会保険に加入すべき人が手続きをしていない場合については加入指導が行われます。その際には上記の加入要件を大幅に上回っている人については確実に指導が行われますので注意が必要です。

 

平成28年10月からの改正内容

 

 平成28年10月からは加入要件が(図①)のように変更になります。
 図②のように社会保険の加入者が増え、会社の社会保険料負担も増えることが予想されます。

 
図①

 

図②

出典「短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大」厚生労働省資料

 

今回の改正が今後に及ぼす影響

 

 いわゆる「130万円の壁」も「106万円の壁」になり、優秀なパート・アルバイトの方があまり働けなくなるというケースも想定されますので、非常に注意が必要です。
 今回の社会保険の改正はまだ501人以上の会社への適用ですが、今後、3年ごとに必要な措置を講ずることも明記されます。501人以上という人数要件が低くなるケースが確実に予想されます。
 現在の社会保険の加入要件を再確認しつつ、将来の社会保険加入による社会保険料の会社負担についても今から考えて行動を取っておく必要がありそうです。