• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

三十条の言い分

 

 

 今年の夏は大きな歴史の転換点だったかもしれない。7月の参議院選挙、東京都知事選、8月のリオオリンピックに、マスコミは大きな紙面を割き、番組の時間を費やした。
 参議院選挙は選挙権が18歳以上になってからの初めての国政選挙。野党4党の共闘に市民が加わるという新しい選挙が展開された。結果は与党圧勝、これで改憲発議に必要な3分の2の議席を確保した。一方、野党共闘の選挙区では11人が当選した。
 9月中の臨時国会開催を踏まえて、28年度の第2次補正予算案3兆2800億円、消費税率10%に引上げを平成31年10月1日に延期する法案が閣議決定されている。
 また、参院選直後から社会保障費を抑える方針のもと、75歳以上の窓口負担、介護保険の利用料を1割から2割へ負担増、「かかりつけ医」以外に定額負担、先発医薬品に負担増など医療・介護の改悪を一気に行う論議が始まっている。
 民主主義の根幹は多数決ではない、いかに少数意見に耳を傾けるかである。私たちは、秋の臨時国会を注視し声をあげていきたいと思う。 

(紫)