• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

てんがん鏡

六月の申告から

グループ風林火山

 

小売業 「中小企業は『人』に尽きる」

 

 埼玉県で業務用中古品の販売を手がけるH社。40年を超える業歴を持つ企業だ。
 中古品の業界は、この20年で、大きく変わった。ハードオフや店舗バスターズに代表されるような新業態スタイルや、ネットオークションなど新規参入事業の登場で、この10年は毎年売上が5%~10%減少するという厳しさであった。
 家賃の減額や、在庫の圧縮、事務所電気をLEDに入替え、コピー機は、自社の中古品に切替えるなど、コスト削減の手段を尽くしてきたが、減収・減益の傾向を変えるまでにはいかなかった。
 収益・利益増には、得意先、仕入先に普段接している従業員の力が絶対不可欠だが、退職者が出て戦力不足の中、危機感を持った3代目社長は、自分が先頭に立ち、全体の士気を高めた。その姿に影響を受けたベテランの従業員も営業に積極的になった。結果、売上が伸び、今期は久しぶりに増収・増益で迎えることができそうだ。

 

卸業 「安全・安心な除菌水」

 

 強力除菌・消臭水の製造を行うL社。L社の製造する「エヴァ水」の特徴点は、他の塩素系除菌剤では為しえない「安全性」を実現している点にある。実際に、空間除菌試験や厚生労働省認可機関で行った飲料水適合検査、皮膚パッチテストを通過しており、その安全性については折り紙つきである。その結果、現在では衛生面に気を付けなければならない病院や介護福祉施設、食品工場等で活用されている。
 そんなL社は、この「エヴァ水」で新しい事業展開の構想を練っている。それはペット業界への参入である。動物病院やペットサロン、ペットホテルにおいて、ゲージやトイレシートの掃除に手間のかかる除菌・消臭が、身近でレベルの高いものとして確実に実現できる。
 「エヴァ水の安全性で『ペットとの共存』を目指したい。」と社長は語る。今年、株式会社として創業1年目のL社だが、今後の展開に目が離せない。

 

 サービス業 「快適な生活環境をめざして」

 

 東京北区でハウスクリーニングを手掛けるS社。メインの仕事はエアコンのクリーニングだ。
 共同経営だった会社を引継いだ社長は一日中フル回転で席を温める時間がない。しかし午後3時以降は営業の電話をかける一番大事な時間として外部からの電話を取り合わないようにしている。お客様だけと話をするためだ。
 現在、社員は10数名を抱える。永く定着する者もいるが一日来ただけで辞めていく者もいる。社員の確保が課題であるため、携帯電話から応募ができるなど工夫をしている。
 当社のハウスクリーニングの技術は引越し業者からも長年に渡り支持されている。専用の機材を用いて徹底洗浄し、快適な室内環境を提供する。
 社長は、「お客様の満足を第一に考え、快適な生活環境を実感して頂ける」ことを目標としている。
 プロの技術を持っていても、社長に慢心はない。

 

● 6月申告企業を振り返って

 

てんがん表 6月申告企業109件(対象外業種、前年データのないものを除く)でした。6月申告企業を見ると黒字と赤字企業の割合はこれまでの傾向と違い5割を割り込みました。過年度から続く傾向から変化したので今後も注視が必要です。

 TDB景気動向調査によると、国内景気は、「熊本地震やイギリスのEU離脱ショックなどマイナスの影響が和らぎ、悪化傾向が一服した」とのこと。また、今後の見通しは、「一進一退の横ばいで推移する見込み」とのこと。しかし、為替など海外経済に影響を受けやすい状況には変わりないので注視が必要です。