• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

社労士あっとランダム

年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます

 

特定社会保険労務士  武江 勇

 

 これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。
 平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

 

 ■  平成29年8月1日時点で、資格期間が10年以上25年未満の方

 

(1)年金請求書の送付

 資格期間が10年以上25年未満であって、下記の表に該当する方

 基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所及び年金加入記録をあらかじめ印字した「年金請求書(短縮用)及び年金の請求手続きのご案内を日本年金機構からご本人あてに送付されます。
 請求手続きは平成29年8月1日以前でも可能です。「年金請求書(短縮用)」が届きましたら、年金事務所等でお手続きをしてください。

 (2)年金の受け取り

 年金の決定後は、平成29年8月以降に「年金証書・年金決定通知書」が送られて来ます。お支払は、平成29年10月以降になります。

 p7あっと

※資格期間が国民年金のみの方並びに厚生年金保険・共済組合等の期間が12月に満たない方で生年月日が昭和27年8月2日以降の方は、「年金請求書(短縮用)」は送付されず、「年金請求書(事前送付用)」が送付されます。

 

■  平成29年8月1日時点で、資格期間が10年未満の60歳以上の方

 

 10年の資格期間がない方でも、下記の制度を活用することで、年金を受け取れる可能性があります。

(1)任意加入制度

 ご本人の申出により「60歳以上70歳未満」の期間に国民年金保険料を納めることで、年金を受給するために必要な資格期間を満たすことがあります。

【ご利用いただける方】
○60歳以上65歳未満の方
 ・老齢基礎年金の繰上げ支給を受けていない方
 ・現在、厚生年金保険に加入していない方

○65歳以上70歳未満の方
 ・老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない方
 ・現在、厚生年金保険に加入していない方

(2)後納制度

 過去5年以内に国民年金保険料の納め忘れがある方は、申し込みにより平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、国民年金保険料を納めることができます。

【ご利用いただける方】
○5年以内に保険料を納め忘れた期間がある方
  (任意加入中の保険料も該当します)

○5年以内に未加入の期間がある方
  (任意加入の対象となる期間は該当しません)

 

 日本年金機構では、待ち時間解消の観点から「年金の予約相談」を推奨しています。
電話番号は、以下となります。 
 ℡ 0570-05-1165

ご相談は社会保険事業部まで!
TEL 03(3980)8976