• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

ミヂカな法律

相続の放棄について

 司法書士 古川 博昭

 

1 相続放棄とは

 相続放棄とは、相続人が被相続人(亡くなった方)の権利や義務を一切受け継がないことを言います。相続放棄をしますと、相続人の地位を失うことになり、プラスの遺産(不動産・現預金・株式等の資産)を相続できなくなる一方で、マイナスの遺産(負債・借金)も相続しなくて済みます。被相続人が借金を抱えたまま亡くなられた場合、相続人としては、相続放棄をすれば、資産を引き継ぐことはできなくなりますが、被相続人の負債から免れることができます。
 相続放棄は、相続人や債権者等利害関係人にとって、大きな影響がある行為なので、法律上、相続開始後一定期間内に家庭裁判所で手続きすることが求められています。

 

2 「遺産を貰わない」ことは相続放棄ではない!?

 ところで、遺産分割の際に、遺産を貰わないと決めたことをもって、「自分は相続を放棄している。」と言われる相続人も見受けられます。
 たとえ、遺産分割で「自分は遺産は要らない。放棄する。」といっても、プラスの遺産(不動産・現預金・株式等の資産)の取得分を放棄しただけにすぎず、マイナスの遺産(負債・借金)について、必ずしも免責されるとは限りません。 
 なぜならば、債務は遺産分割の対象とはならないとされております。仮に、遺産分割協議書で「相続人Aが被相続人の債務のすべてを相続いたします。」「相続人Bは遺産をすべて放棄します。」と謳っていたとしても、債務の承継については、債権者の承諾がない限り、相続人間の取り決めに留まり、債権者を拘束できないからです。

 

3 保証債務にご注意

 ですので、遺産分割協議で遺産を放棄したことをもって、「自分は相続とは完全に無関係になった。」と思っていても、後で相続人としての責任を追及される可能性は残っていることは十分理解しておいた方が宜しいかと思います。
 特に、生前、被相続人が保証債務を負担していた場合、保証債務も原則として相続の対象となります。保証債務の存在を忘れていたり、気付かないまま、遺産分割を終え、その後、債権者から保証債務の履行通知が来て、相続人が認識し、慌てるケースがございます。
 その際、「自分は親の遺産を放棄すると協議書に判を押して、遺産は全て兄貴が全部取得した。連帯保証も遺産のすべて取得した兄貴が負うべき話だ。自分には責任はないではないか。」という質問される方もおりますが、残念ながら、家庭裁判所での相続放棄をしていない以上、債権者は、遺産分割で遺産を貰った否かにかかわらず、あくまで法定相続分に従った請求ができることになります。(このような場合は、遺産分割協議後でも相続放棄が可能ケースか否かを含め、早めに専門家に相談されることをお勧めします。)

 

4 さいごに

 「遺産を貰わない」との協議書に署名捺印しただけでは、法律上の「相続放棄」と異なり、債務の負担の可能性や相続人としての地位は残る結果となります。
 被相続人の生前の状況や遺産について把握できない場合、「遺産は貰わない以上は、債務についても一切負担したくない。」「遺産を貰わないのに、後々自分の知らない負債や債務が出てきて面倒に巻き込れたくない。」ということでしたら、最初から相続放棄手続きを検討することも選択肢に入れておいた方がよろしいかもしれません。

 

なお、実際の相続放棄の手続きについては、司法書士法人第一法務までお問い合わせください。