• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

本のひととき

『木造都市の夜明け
  
 コンクリートから木へ、ウッドファーストの時代』 伊藤好則 編著

  

p6-本池袋事務所 平石共子

 伊藤好則氏は一・一会で何度も報告をいただいている第一経理顧問先アイ・ケイ・ケイ株式会社の社長である。編著とあるのは、この10年余りの間に手繰り寄せられるように出会った人々との対話、そこからの気づきを形あるものにしていった伊藤社長の実践報告、人の命、地球の命を大切にする国であってほしいという思いなどいっぱい詰まっているからだ。

 ウッドファーストとは、木でできるものは木を使う。木でできないところは鉄やコンクリートを使う。ヨーロッパではすでにこの方向で進んでいるという。日本にもっとも必要なのは、この考えと実践だと説く。

 3部構成で、第1部は国産材で木造4階建てビルが登場。写真をふんだんに使って完成までの一部始終を公開している。まさに木造都市の「夜明け」を感じさせる。第2部は「愛工房」サミット。愛工房とは、伊藤氏が開発した稼働温度45度の木材低温乾燥装置のこと。従来の乾燥装置がスギの木の良さを全部だめにしていることを知り、試行錯誤を繰り返し2004年7月に完成したものである。愛工房の嫁ぎ先と称する利用者からの数々の声。第3部は私の熊本、地震からの学び。震災3か月後故郷・熊本に足を運びこの本の出版も延期に。直近の思いが詰まっている。

 健康と環境を考える1冊であることは間違いないが、中小企業経営者の姿勢、心意気が胸に響く。ぜひ多くの人に読んでもらいたい1冊です。