• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

ワンポイントアンサー

編集委員会

年末調整やり直し差額精算

 

わんぽ男Q  年末調整の納付後にやり直しがあった場合において、納税額の変更額があった場合はどのようにして差額を支払えばよいでしょうか。また、支払が少なくなった場合はどうなりますか?

 

A  その場合は、不足していた額を再度納付していただきます。2月10日を超えての納付は加算税が付く場合もあります。(形式はないので納付書にその旨を書いて納付して下さい。)逆に不足ではなく少なくなった場合は次回以降に調整して下さい。

 

青色専従者について

 

わんぽ女 Q : 個人事業主の妻です。最近主人の仕事の方が芳しくないので、夕方仕事が終わった後、パートで働こうかと思います。普段の私の勤務時間は8時半〜17時で、専従者として働いているのですが大丈夫でしょうか?

 

A : 専従者給与が必要経費として認められるには、専従者としての要件を満たすことが必要です。その要件の中に、6ヶ月を超える期間専ら事業に従事していることがあります。ご質問の状況では、定時勤務外でのパートであり、かつ時間的にも働く事が可能なので、専従者として6カ月以上勤務実態があれば、働く事は可能です。
 但し、この場合は二か所から給与を貰うことになりますので、翌年確定申告が必要となりますので注意して下さい。