• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

原水爆禁止世界大会に参加して

2010年8月4日~6日 広島

第一経理では「非核平和の会」が中心となって、毎年原水爆禁止世界大会へ代表を派遣しています。
27回目の今年も、2人の代表を派遣しました。

 私は、今回の原水禁に参加して、原爆の本当の恐ろしさを知ることができました。
 被爆者の方たちの生の声を聞くと、戦争が終わって65年が経った現在でもその後遺症に悩まされ続けている人がいると知り、まだ戦いは終わっていないということに非常に心苦しくなりました。私は、テレビや本などで原爆の恐ろしさや影響を知ってはいましたが、これほどまでに原爆に悩まされ続けるものだとは思いもしませんでした。私をはじめ、多くの若者はきっとこの原爆というものの真の恐ろしさを知らないまま育っている方が大半だと思います。そういった意味では本当に貴重な経験ができたと私自身は感じています。
 現在、核については2020年を目標に、世界基準で核の廃絶へと向かっていっています。広島・長崎で起こったことは今後、二度と起こしてはいけない事だと世界中が認識し、その声を強めていくためにも、被爆者の方たちの声を聞くこと、核の恐ろしさを知ることが、世界の「義務教育」になればと私は思います。
 この大会に参加した事をきっかけに、私は戦争についてもっと知りたいと感じる気持ちが強くなりました。TVや本などでもっと多くのことを知り、その戦争の犠牲になった人々がいたということを忘れずに生きていきたいと思います。
                                                                            埼玉事務所 請園 直之 (うけぞの なおゆき)

 

こんにちは!! 入社 1年目の原俊介です!!
 今年も原水禁大会in広島が開催され、代表の一人として行ってまいりました。
 核兵器が落とされた8月6日はいつも青空だったかと思います。今年も青空で、太陽は燦々と煌めいていました。きっと、原爆が落とされ空が真っ暗になった、それを二度と繰り返したくないというみんなの思いで毎年晴れになるのではないでしょうか。
 今年は世界規模で核兵器廃絶がスタートしようとしている年です。原爆が落とされて65年。原爆を落とした国、アメリカからルース駐日大使の出席。今まさに、確かな一歩が踏み出されました。
 しかしこの原水禁大会のことを広島の方たちも含め、知っている方は決して多くありません。原爆が落ちた事実は知っていても、何をすれば良いのか、周りが何をしているのか知らない。私もその一人でした。
 そこで、この記事を読んでくださっている方にも是非知っていただきたいと思います。自分の足で、自分の目で、自分の手で知ることによって、何かできることが必ずあると思います。まずは、「知ることからはじめる」ということが大事だと思いました。
 核兵器廃絶を皆さんの手で実現させましょう!!
                                                                                     池袋事務所 原 俊介 (はら しゅんすけ)