• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

第一経理ニュース

こんにちは ようこそ!

パンカフェ      店長 中島 彩さん     

地域の皆様と一緒に創る「世界のパン屋さん」

JR池袋駅を降りて、明治通り沿いにおしゃれなパン屋さんがあります。
本日は、笑顔が素敵な店長の中島さんにお話を伺いました。



――パン屋さんを始めたきっかけは何ですか?

 ズバリ海外で食べたパンに感銘を受けた事がきっかけです。もともとパンが好きということもあったのですが、以前海外で食べたパンには、どこか今まで食べたパンには無い新鮮さを感じました。というのも、その海外で食べた現地のパンは日本のと比べ、味や食感、形状がそれぞれ違ったからです。もちろん日本にも、フランスパンやドイツ生まれのパンは多数ありますが、やはり現地のパンとは違っています。日本のと比べてやや弾力があったり、少し酸味があったり、食感や味付けが多少違ったり等々…。本場の味、食感、形状を日本でも味わえたらいいなと思い、お店をオープンしました。


――パンカフェさんの魅力についてお聞かせください。

 海外で焼き上げ前まで成形されたパンを販売しているところですね。原材料となる小麦や水などはすべて現地のものです。ですから大きさや食感、風味など、日本のパンとは一味違ったパンを提供できるかと思います。特に、少し酸味・塩気のある「バケット」や、メープルジャム(ペーストになっているのは珍しいんです!)が入っている「メープルナッツ」は当店の人気商品です。
 その他にもタイの「ベジポテトカレーデニッシュ」やベルギーの「木の実とレーズンのベルジャン」、ポルトガルの「プチセサミ」等々、各国のエレメントが味わえるパンを多数セレクトしております。
 また商品には「各国の国旗」の表示をはじめ、食品安全上の関係もありますのでアレルギーの表示、さらに販売時には商品説明などしておりますので、おいしく・安全に、さまざまな国の雰囲気も味わって頂けるかと思います。

――今後、どのようなパン屋さんにしていきたいと考えていますか?

 お客様が気軽に立ち寄ってお話ができる場所、地域住民とのふれあいの場所になっていけたらいいなと思っております。
 またパン屋を通じて、自分が生まれ育った地である雑司が谷の方々や地域の皆様に、恩返しをしていきたいと思っております。そして、お客様一人一人とお話させていただく中で、ご要望をキャッチし、私自身でだけでなくお客様と一緒にパン屋を創っていきたいと思っております。 (文責 大槻智也)

 

  

 

【Open】10時~19時
【定休日】日曜日・祭日
【住 所】豊島区雑司が谷3‐8‐2
【TEL】03(6912)5796