• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

資格者紹介

永戸 元


ながと はじめ永戸 元税理士

プロフィール
出身地
京都府左京区
最終学歴
明治大学大学院民事法学研究科
入社年
平成13年
趣味
野球・フットサル・手品

税理士の仕事とは

皆さんは、税理士と聞いてどんなイメージをもってらっしゃいますか。最近は言われることが少なくなりましたが、一昔前は、顧問先の社長様や経理の担当者に、「税理士さんって、常に数字を見ていて、嫌にならないのですか。本当に数字が好きなんですね。」「すごく細かくて几帳面なんでしょう」。「デスクワークが多いのではないですか」と言われたものです。この言葉の意味するところは、昔ながらの税理士の仕事が、経理事務の代行のプロと捉えられていた結果かもしれません。
私自身、数字を見ていて嫌になったことはありません(頭が痛くなることはあります)が、常にデスクを前にしているわけではありません。経理事務を依頼されれば、きちっと間違いなく処理をすることは当然の事ですが、多くの時間は、顧問先に訪問し、財務のチェックと合わせて、数字を見ながら経営者とお話をしております。ここ数年は、新しく弊社の顧問先になられた会社を訪問することが多くなりました。訪問の際に、じっくりお話を伺いますと、「こんなこと税理士さんに聞いていいのかわからないけど・・・」「税務の話ではないのですが伺っていいですか?」と声をかけられます。次には、「まずは、一度相談してみようと思って」「この件で意見をきいてみようかな」と、どんどん話は膨らんでいきます。最後には「何か税理士っぽくないですよね(笑)」。
以上に述べましたように、私は、税理士の仕事とは、一種の専門サービス業であると考えています。専門サービス業とは、税の専門家であると同時に、顧問先のお話をじっくり伺い、現在のニーズにあったサービスを適切に提供することを意味しています。

身近でかけがえのないコンサルタントを目指して

会社というものは生き物です。人間と同じで、体調が良い時もあれば、悪い時もあります。一定の時期がくれば、廃業をむかえることもあります。状態は常に変わりますので、税務の相談は当然のことながら、労務の問題から、企業の取引上の法務の問題、事業承継の問題など相談は多岐に渡ります。その相談というものは、経営者にとって、同業者には、すべてを話しにくいものです。そのため、自社の状況をよく知っており、多くの顧問先を関与して様々なケースを経験している税理士が、一番身近な相談相手になるのではないでしょうか。
私たちは、経営者と一緒に現場に出て、一緒になって物を売って売上を伸ばすことはできません。しかし、売上を伸ばすためには?経費を削減するためには?人材を育てるには?などの経営者の疑問に、一緒に知恵を絞り、多くの経験から検討し、経営者の理想とする会社を実現するお手伝いはできると考えています。廃業のケースでも同様です。過去に、廃業をした後の経営者のライフプラン設計や、従業員さんの再就職の準備など、時間をかけて一緒に相談にのりながら進めていったこともあります。
税理士=税の専門家であることには間違いはありません。専門家でありながら、弊社の理念の一つである「身近でかけがえのないコンサルタント」を目指すべく、時には厳しく、時には優しく、声をかけていける税理士を目指したいと思っています。