• 【東京・埼玉で税理士事務所をお探しの方へ。第一経理は中小企業の皆様に、身近でかけがえのないコンサルタントとして60年超の実績があります。】

資格者紹介

大澤 一弘


おおさわ かずひろ大澤 一弘
税理士

プロフィール
出身地
生まれは横浜、小6より藤沢市鵠沼と海に縁あり
最終学歴
日本大学大学院法学研究科公法学科税法学専攻修了
入社年
平成10年
趣味
雑誌の読み漁り、野球、自転車、食べ(飲み?)歩き等々

私は雑誌が好きです。購入しているものは月平均20~25誌くらいでしょうか。本屋等で長居することも多く、実際に読んでいるものとなると何誌になることやら・・・。インターネットの普及に伴い、雑誌購読者が減少している中、比較的出版業界に貢献しているのではと思います。妻がフリーライターをしているのですが、決してその仕事を続けてもらうために出版業界の後押しをしているわけではありません。
読んでいるものは基本的に情報誌です。掲載写真を見ていただければお分かりのように、まずは欠かせないのが、「グルメ」、そして夫婦共働きですので「料理」、個人的に大好きな「電化製品」「グッズもの」「パソコン」、「ファッション」「インテリア」「デザイン」「住宅」スポーツの部分で「自転車」「ゴルフ」、「アウトドア」、等々。もちろん「ダイヤモンド」等の経済情報誌や「税務通信」等の仕事絡みも読みますし、無理に理由を見つけると「アウトドア」に関してはここ6年毎年お客様と第一経理の職員数名で山登りに行っている点、「ファッション」「インテリア」「デザイン」「住宅」に関しては私が担当させていただいているお客様のうち、クリエイターの方たちをこの10年間、年に数回ネットワークと称する情報交換の場を主催させていただいている点、と多少の関係はありますが、その多くは何ら仕事とは関係のない、個人的な嗜好のものです。
取り留めのない話をしてきましたが、私は学生時代の恩師に「税理士とは昔の町医者みたいなものだ。急病となれば夜中であれ、玄関を叩く患者さんを診て助けてあげなければならない。そして常に身近に居て、色々な相談に乗らなくてはならない。税理士とは納税者に対してそのような態度で臨む者である」と教えていただきました。その言葉が忘れられず、私自身「1日24時間、1年365日税理士たれ」と思っています。また、その覚悟がないとできない職業とも思っています。ですが、言葉どおりの行動はなかなかできておりません。心意気だけは持っているつもりですが、行動も伴わなくてはなりません。
また、私は税理士として、第一経理が掲げている4つの経営理念に法律家として目指すべき姿があると信じています。
税理士の基本業務は税務会計を中心としたものであるとは思いますが、それだけでは税理士とはいえません。どれだけ税務が複雑になろうとも、世の中の取引が複雑になろうとも、税理士が納税者であるお客様から質問があれば、それに応えるのは専門業としては当然のことであり、最低限の仕事と思います。それ以外にどのようなことができるかが、その真価だと思います。
私はお客様と一生涯のお付き合いをさせていただけるようになりたいと思っています。私たちのお客様は企業であれ、結局は人です。お客様との関係は人と人との人間関係そのものです。そこにはお互いの信頼関係が欠かせません。「税務は知ってるけど・・・」ではお客様のご要望には応えていないでしょう。また、信頼関係を築くためには相手を知ることだけではなく、自分を知ってもらうことが必要だと思います。ですので、前段で長々と私の興味のあるものについて書かせていただきましたし、また、今後も色々なものに興味を持ち続け、自分に蓄えを作っていきたいと思っています。真っ先に蓄えられているのは脂肪とは思いますが・・・。