04 会社訪問
インタビュー
株式会社産興製作所
代表取締役社長 長澤 毅様
継続は力なり!
父からの事業を
家族とともに歩む

株式会社 産興製作所は、精密プラスチック射出成形の会社です。社長の長澤毅さんは2代目社長として、ご家族を中心に奮闘しています。第一経理とは、ゆうに60年以上お付き合いしているお客様でもあります。長澤さんの父である初代社長が経験した高度成長期や、ご自身が事業承継し乗り越えてきたこれまでの道のりなど、伺いました。

北海道から東京へ
父が始めた事業を家族で盛り立てて

産興製作所は、プラスチック成形の会社です。家電製品や自動車の部品、マスカラなどの化粧品の部品を製作しております。

私の父母は戦前、樺太におり、私もそこで生まれました。その数か月後、父母は北海道へ移り、製菓関連の仕事をしていたようです。のちに私たち家族は上京し、板橋区上板橋に居を構えました。ここで父が始めたのが産興製作所です。

今でもよく覚えているのは、父と母が夜遅い時間まで作業していたことです。その姿を見て、自然と手伝うようになりました。16歳で自動車免許を取得し、配達は私の役目に。また、繁忙期はクラスメートに声をかけてアルバイトに来てもらったりしていましたね。当時は高度成長期を迎える頃ですから、仕事はどんどん増えていきました。

株式会社産興製作所 代表取締役社長 長澤 毅様

大学4年生で、
家業を継ぐことを決意

でも、私は父の仕事を受け継ぐのはもっと先だと思っていました。私にサラリーマンになってほしいという母の願いもあり、日本大学商学部へ進学し、卒業後はサラリーマンになり、修行の後に継ぐよう人生設計を温めていました。ところが大学4年生になったとき、父が体調をくずし、入院することになり、卒業後すぐ、産興製作所に入社。翌年に結婚し、妻とともに家業を支えていくことになりました。

大学を出たばかりの私に、経営について教えてくれる人はいません。その中、見積りの仕方や請求の立て方など、経営実務をていねいに教えてくれる、外部の方と偶然知り合いました。なんの利害関係もないのに、大学を卒業したばかりの私を仕込んでくれたのです。その方がいなかったら、右も左もわからず、やっていくことはできなかったでしょう。実務を叩き込んでくれただけでなく、仕事も発注してくださり、まさに私にとって恩人のような方。私は運や人に恵まれていると常々思うことの、ひとつのエピソードです。

会社を守ったのは
身の丈に合う経営

バブル期は、仕事の量が一気に増え、毎晩遅くまで残業して乗り切っていました。売上も上がりましたが、私たちは大きな自社ビルなどを建てることはしませんでした。それよりも、設備投資は続け、難しい仕事でも引き受ける努力を惜しまなかったので、バブルが過ぎた後も乗り切れたのだと思います。

2000年に入る頃には、さかんに「海外や地方に生産拠点を移しませんか」というお誘いも多くありました。でも、目の届くところで仕事をしていたいですし、海外進出のための人材確保も難しいので、しませんでした。常に肝に銘じているのは身の丈にあった経営をすることです。それを意識していれば、会社が存続の危機に陥ることはないと思っています。

株式会社産興製作所 代表取締役社長 長澤 毅様

スタッフの定着率アップ
高い技術力と現代に合った働き方

現在、現場は甥である工場長(表紙/写真左)が仕切ってくれています。製造機械のメーカーが開催する勉強会などでしっかり学んでくれているため、難しい注文にも応えられる高い技術力を評価されています。コロナ禍においても大きな落ち込みがなかったのは、マスカラなど化粧品の部品製造を長く手掛けてきたおかげもありました。マスクを着用するため、女性のアイメイク製品の需要が高まったためです。

2016年からは、長女(表紙/写真右)と次女が相次いで仕事を手伝ってくれるようになりました。ふたりが会社に入ってきてくれたことをきっかけに、まず取り組んだのは、スタッフの確保と働き方の見直しです。それまではパートのスタッフさんも、正社員と同様に定時に合わせて働いていましたが、長女の発案でシフト制を導入したのです。お子さんが幼稚園や小学校に行っている間、お昼休憩を取らずに11~16時までというような働き方を可能にしたところ、若いお母さんたちが来てくれるようになりました。ふたりの娘たちが細やかに目を配り、会社の雰囲気も良くなっています。

私の父母が北海道から東京へやってきて始めたこの会社は、息子である私が受け継ぎ、今は長女、次女、甥など、家族で「継続は力なり!」をモットーに歩みます。

お客様からお預かりしている多くのプラスチック成形の金型。その数が信頼の証。
お客様からお預かりしている多くのプラスチック成形の金型。その数が信頼の証。
他社にできない成形を請け負う工場長の高い技術が支える現場力。
他社にできない成形を請け負う工場長の高い技術が支える現場力。
たくさんのパートのスタッフ、働きやすい環境づくりを目指しています。
たくさんのパートのスタッフ、働きやすい環境づくりを目指しています。
株式会社産興製作所

2007年 ISO14001取得

成形工場:〒352-0012 埼玉県新座市畑中1-2-24
https://www.sanko-seisaku.jp/